地域社会のために。
そこに暮らす人たちのために。

地域のためにいつも頑張る「美吉建設」を目指して

あなたは、“建設会社”と聞いて、どんな仕事をイメージしますか?
マンション、ビル、公園、道路、橋といった建築や土木の工事を想像すると思います。
私たち美吉建設は、それだけが建設会社の役割ではないと思っています。
2011年の東日本大震災の時に、一日も早い復興を目指し対応にあたったのが建設会社でした。
現場での復旧作業、そして重機を使った近隣住民の救助活動など、広範囲に渡って大きな役割を担いました。
そう、私たち建設会社には、“街を守る”という大きな役割と、それを行うだけの技術や機動力があるのです。
大雨で道路が冠水すれば、被害を抑えるために緊急出動して土のうを積み上あげる。
雪が降れば、大きな事故を防ぐために道路に凍結防止剤を撒く。
地味かもしれないけど、そんな役割に誇りを持っています。
美吉建設がこの愛知県稲沢市で産声をあげてから、55年以上が経ちます。
事業をさせていただいているこの地域の人々の暮らしを陰ながら守り
そして、「美吉さん、ありがとう」と言ってもらえることが、私たちの最大の喜びです。
建設会社の美吉建設ではなく、地域のためにいつも頑張る美吉建設でありたい。
そう考えています。

社長からのメッセージ

TOP
TOP